三井健太のWEBマンション講座

このサイトの文章や内容の無断引用は硬くお断りいたします。

NO.55住んで気付くダメ間取り 


マンションの間取りは、こうありたいというものがあっても、法的な規制や事業採算の

都合などから理想通りにならないばかりか、

短所・デメリットの解消ができないままで世に送られています。

 

これは事業者や設計士の努力不足だけではなく、「宿命的なもの」とも言えます。

以下に代表的なマンションのダメ間取りを紹介してみましょう。

何故そうなるのか、何故こんな短所ができてしまうのか。

そんなことが一部明らかになるでしょう。

 

理由はともかく、マンションとはそういうものだと知っている方が、

遠回りだけはしなくてすむのではないかと思います。

 

◆雨が吹き込む開放廊下

開放廊下とは、【図−1】のように玄関側の共用廊下が外気に面していて

壁のないものを言います。

マンションに最も多い形が、この開放廊下タイプです。

 

【図−1】開放廊下プラン


開放廊下のデメリットは、横殴りの雨が降ったときなどにエレベーターを降りてから

自宅玄関に至るアプローチで濡れてしまうことです。

外出先から帰って来て、1階で傘を閉じたのに再び外に出るのが嫌だという人も

少なくありません。
冬季は、寒い外出先からようやく家に帰り着いたと思ったら、

また外へということになります。

 

 

◆ホテルライクな内廊下タイプにも問題がある

ではホテルライクな快適設計の「内廊下タイプ」はどうでしょうか?

内廊下タイプは超高層マンションに多く、【図−2】のようなレイアウトに

なったものが代表的です。

【図−2】共用廊下が室内扱いになったタワーマンション

廊下は絨毯貼りになっていることが多く、正に室内、かつ豪華な印象です。

1階の玄関に辿りついたら、あとは快適な空間というわけです。

 

しかし、問題がひとつあるのです。

【図−3】よく見かけるタワーマンションの間取り


【図−3】の間取りをよくご覧下さい。洋室(2)には窓がありません。

窓が仮に付いていたとしても廊下の壁が邪魔をするため、風は通り抜けません。

つまり、風通しが悪いという欠点があるわけです。

エアコンや24時間換気設備があるから構わないと考えるか、

自然の風が抜ける構造が良いかという選択になるわけです。

 

◆風通しが心配な間取り

では、開放廊下タイプなら風通しは心配いらないかというと「さにあらず」です。

【図−4】をご覧いただきながらお読みください。

【図−4】



多くのマンションの欠点は、窓があっても風が流れないことです。

つまり風通しが悪いのです。理由は簡単です。風の通り道が塞がれてしまう

設計が多いからです。

 

例えば、居間から廊下に出るリビングドアが風の通り道を塞いでいます。

ここが閉まっていれば、バルコニーから入る風が奥(玄関側)の洋室には

流れて行きません。

では、いつもリビングドアをストッパーで止めておいたらどうなのでしょうか?

たとえそうしても、玄関側の洋室にある窓を開けなければ、

バルコニーの窓を開けても風は通り抜けませんね。では、窓は開けられるでしょうか?

そこが中高校生の女の子用の個室だったら、窓を開けておくことは少ないでしょうね。

では男の子だったらどうでしょうか?

窓を開けても、部屋のドアを閉めれば同じことです。

 

バルコニーから入った風はリビングドアの開いた状態のときに居間を抜け、

さらに個室のドアから廊下に面した窓へと流れていくのです。

 

バルコニーから玄関ドアへまっすぐ抜けるようにしたらどうでしょうか?

つまり玄関を半開にするのです。それも大いに抵抗のある方法で、

そうしている家庭はあまりないようです。

 

結局、密閉空間となって、マンションの場合、24時間換気設備で

人工的な空気の入れ替えはできても、体に感じる風を取りこむということになると、

角部屋などの特別な場合を除き、かなり難しい課題になっているのです。

 

外の開放廊下を歩く近隣住民の視線を気にしないでもよいように、

プライバシーを確保しつつ、風が抜ける最小限の窓や個室のドアの開閉に

工夫をすれば解決できます。

具体的には、@玄関に通風専用の小窓を設置する、

A【図−5】のように、開け閉めの空間を自由に設定できる引き戸にする

B開放廊下側の個室の窓を開けても視線を気にせずにすむ

ブラインド型の格子(ルーバー面格子)にする、といった方法です。

【図−5】個室を引き戸にリビオレゾン清澄庭園(新日鉄都市開発


◆廊下側の居室は声が外にマル聞こえ

 開放廊下タイプの間取りで、もうひとつの問題はプライバシーです。

 上の【図−5】と最初のの【図−1】でお分かりのように、廊下(玄関)側に

2つの個室が配されています。このようなレイアウトが一般的ですが、

これでは廊下を通るご近所さんや訪問者に声を聞かれてしまいます。

一瞬のこととはいえ、いつ誰が通るか分からない共用廊下にダイレクトに面する個室は

プライバシーがあってないようなものです。

 

プライバシーを確保するには、廊下を歩く人との距離をできるだけ長く取るか、

廊下側には個室を設けないで全室バルコニー側に配するか、

タワーマンションのように窓なしの壁で仕切った部屋にするかないわけです。

 

 

距離を取った間取りは【図−7】のような廊下側に大きなポーチと吹抜けを設ける

という方法もありますが、なかなかお目にかかることはありません。



【図−7】タカラレーベン社の「レーベンハイム戸田ソラリエ」より




◆南向きの場合、共用廊下側の居室は暗くて寒い

 向きが南である場合、廊下側の個室は北向きということになります。

多くのケースで、この個室は暗くて冬は寒いと覚悟しなければなりません。

 

せめて一部屋だけでも南側に配することはできないものでしょうか?

できたら全室を希望する。勿論、そうなっているマンションンもあります。

そのような間取りを【図−8】のような「南面3室間取り」や「南面4室プラン」

などと呼び、実現するにはハードルが高いものの、ときどき誕生します。


【図−8】南面3室プラン



◆南面ほど間口の狭い間取りが多い

図−8】は南面3室タイプなので、間口(横幅)が長くなりますが、

こうすると敷地の長さに対して住戸数が多く取れないため、採算が悪化します。

言い換えれば価格が高くなるわけです。

そこで、間口(スパン)を狭くすることになりがちなのです。

敷地が東西にあまり長くないケースほど、人気のある南向きをたくさん作ろうとすれば

間口(スパン)は短い間取りとなってしまうのです。【図−9】はまだマシな方です。

 

【図−9】一般的な間口の狭い間取り



◆来客時、立ち話の玄関から居間が見えてしまう間取り

【図−10】のように玄関に客が立ったとき、居間のドアを閉め忘れて、

中が丸見えになる瞬間に遭遇することがあります。このような間取りが多いものです。

【図−10】

 

では、どうなっていれば覗き見が避けられるかですが、

その答えが「クランクイン玄関(図−
11)」と「クランクイン廊下(図−12)」です。

【図−11】クランクイン玄関      【図−12】クランクイン廊下      
 




但し、クランクイン廊下タイプの方には短所があります。

ひとつは廊下が長くなって、無駄ができることです。

もうひとつは、大きな荷物の出し入れのときに角に当たるなどの

弊害が起きることです。

◆玄関が狭いと、家全体が狭く見られる

限られた面積の中に効率よくレイアウトしようとする結果、

しばしば玄関スペースが犠牲になります。

高級マンションでは、幅も広くて大きな玄関の靴脱ぎスペースがあり、

かつその先にはソファを置いてちょっとした接客ができるくらいのホールが作られています。

そこまでは必要ないという方でも、「せめてもう少し」の狭い玄関が多いのが実態です。

 

玄関が広いと、家全体も「さぞかし広いのだろう」と想像してもらえます。

 

尚、玄関はここまでの図のどれを見ても窓のあるタイプはないですね。

それが普通なのですが、【図−
13】のように採光窓を設けた明るい玄関は、

ついでに狭小感も緩和してくれます。

図−13】小窓を設けた明るい玄関



◆暗い玄関

玄関は採光窓がないケースが多く、そのために外出するときは

いちいち点灯しなければなりません。

帰宅したときも開けた瞬間は明るくなりますが、

閉めれば暗くなってしまうためラ点灯しなければなりません。

 

この面倒を解消するため、普通は人をセンサーで感知し

自動的に点灯する設備が付きます。

しかし、できたら自然光が差し込む玄関の方が良いはずです。

 

その要望に答えたのが上の【図−13】の設計です。

 

◆デッドスペースのリビング内廊下

マンションの間取りをよく見て行くと、やがて誰でも気づくのが、畳数表示の錯覚です。

リビングダイニング約13.5畳などと表示してありますが、

これには実質的に通路でしかない部分もカウントされているということです。

 

つまり、13.5畳と書いてあっても使えるスペースは11.5畳しかないといった例は普通です。

これを「リビング内廊下」と呼びます(図−14)。

これができてしまうのは仕方ないのですが、

一見してリビング内廊下がなさそうな左の【図−
15】のようなタイプでも、

よく考えてみると、各個室に向かうには居間の中に通路を確保しなければならないので、

実際はたいして変わらないというケースは少なくありません。

 

【図−15】廊下が少ない間取り         【図−14】リビング内廊下

 




◆コンパクトタイプ1DKのレイアウトに注意

コンパクトタイプの住戸は、しばしばDKと個室がバルコニーに向かって縦長に

配されるものがあります(図−
16))。



【図−16】縦長の1DK

一人暮らしの人は間のドアを常にオープンにして生活するでしょうから、

普段は問題ありませんが、来客があったときに寝室を見せたくないという場合、

ドアを閉めることになります。

そうすると、当然ながら照明が必要になりますし、開放感のない印象を

与えることとなるでしょう。

 

その点、バルコニー面に並べて配したタイプは、その心配がありません(図−17



【図−17】間口の広い1DK

どちらが良いかは言うまでもないわけですが、縦長タイプ

(うなぎの寝床などと揶揄する人もいます)ができてしまうことは少なくありません。




◆価格抑制のための圧縮間取り

マンションの価格は、物件ごとに階や向き、眺めなどの条件を考慮して決められて

いますが、その要素に広さが加わるのは当然のことです。

 

専有面積当たりの単価が平均@200万円としたら、1坪面積を増やすだけで売値が

200万円上がってしまいます。

逆に
1坪狭くすれば売値を200万円低く設定できることになります。

 

デベロッパーにとって、この1坪の差は販売成績を左右する大きな意味を

持っているのです。

そのことから、70uの3LDKでなく65uの3LDKが誕生することがあります。

このようなコンパクトに設計したまどりを「圧縮間取り」と呼んだりします。

【図−
18】は、その代表的なものです。

LDKの畳数は13.2畳とありますから、キッチンの3.2畳を引くと10.0畳しかありません。

リビング内廊下を除くと、実質
9.0畳もないリビングダイニングということになり、

かなり苦しい空間が出来上がっています。

 

【図−1863uで作る3LDKの圧縮間取り




◆柱が室内に食い込むのもよくある欠点

すぐ上の【図−18】の間取りは柱がすべて外に出ているため、各室の四隅はきれいな

正形になっていますね。

これに対し、先に見た【図−
4】や末尾の【図−20】は

部屋のどこかが室内に入り込んでいて物が置きにくい恰好になっています。

 

柱を外に出す設計を「アウトポール設計」とか「アウトフレーム設計」などと

呼んでいますが、全ての部屋をそうできないのは、それなりの理由があります。

ここでは詳しく述べませんが、最終的にはコストの問題にカ関わって来るためです。

 

【図−19】のようなバルコニー面も玄関側もともに外出しにした例が稀に見られます。



【図−19】アウトポール設計(ゴールドクレスト「クレストスカイウィング」Bタイプ)

【図−20】柱が極太のタワーマンション

 

特にタワーマンションは柱が太いため、【図−20】のように

部屋の正味の面積を狭くする欠点が伺えます。




名作間取りをご覧になりたい方は、無料提供の

「住んで気付くダメ間取りと名作間取り特選50」を下のボタンからご請求下さい。


★講座一覧に戻る★ 



ご質問・ご意見はこちらからお気軽にお申込み下さい



Back to Home


★首都圏を含む全国でお探しの方はこちらからどうぞ★

新築マンション 中古マンション 一戸建て マンション査定 資料請求可
リクルートが運営する「住宅情報ナビ」。「住宅情報ナビ関東」をはじめ、全国エリアの新築・中古マンション、
一戸建て情報があり、無料で物件検索・資料請求ができます。
売却のための無料査定も可能。
詳しくは公式サイトで。

ここ↓から物件の検索ができます。

 


マンション簡易評価承り中!!お試しください

無料
個別マンションの評価が人気です!!  
評価項目:@立地条件(最寄駅までの距離・都心へのアクセス・生活利便性) 
A全体計画
(配棟計画・駐車場・空間利用計画・共用施設・外観デザイン・セキュリティ) 
B建物の基本構造
(耐震性・耐久性・遮音性能・将来の更新性)
C管理内容(管理体制・管理費・修繕積立金・管理会社)
D専有部分の計画(間取り・設備・仕様) E売主 F施工会社

・・・・これらの項目を5段階評価した後に、総合的にコメントをつけ,
「不動産簡易評価書」の形で、電子メールでお届けします。

詳細はトップページでBack to Home


三井健太の新刊(有料書籍)ご案内!! 
ワンルーム投資は危険が一杯
   〜老後の備えをぶち壊すワンルーム投資の裏側〜
三井健太 著(B5判 149ページ電子書籍) 960円(税込)
冊子版ご希望の方はご相談下 さい 内容解説・お申込み方法はこちらをcllick


Home