三井健太のWEBマンション講座

バルコニーに物置を置いてはいけない理由 


マンションの法律「区分所有法」では、バルコニーは共有部分と定められています。

そもそも共有部分とは何でしょうか?

先ず、個人の所有権が確立している部分、すなわち、玄関から入った居室部分の内装、

造作までを専有部分と言います。一方、ロビー、廊下、エレベーター等

の共同で使用する部分、さらに外壁や屋根、バルコニー等は共有財産であり、

共有部分・共用部分と呼ぶのです。

 

本来、バルコニーや庭は共有ですが、ここに繋がる住戸以外の住人を除き、

他の所有者が入れない(使用できない)隔離した構造になっています。

この部分をバルコニー・庭に繋がる住戸の住人が使用する権利が専用使用権であり、

その部分を専用使用部分と呼びます。

庭が1階居住者の専用になっている住戸は、「専用使用権付きの庭」という意味で、

「専用庭」と業界では呼んでいます。

バルコニーやテラスには、「専用」の言葉は敢えて付けず、

そのままバルコニー、テラスと呼びます。

 

さて、バルコニーや専用庭は共有財産ということですから、専用使用権を与えられた人

(バルコニー・庭に繋がる住戸の住人)といえども、何でも自由にできるわけではありません。

詳しくは売買契約書や管理規約にも明示されますが、物置の設置、

その他の構築物を設けることはできません。

美観を損ねるという問題もありますが、大きな理由は、火事などでバルコニー伝いに

避難するときの経路の確保ができなくなるためです。

隣の住戸バルコニーとの仕切り板は、火災等の際に避難するため、足で蹴ると簡単に

破壊される材料で造られていますが、ここの前には物置に限らず、重い物を置いて

避難を妨げることが禁止されます(消防法の規定)。

 
 ★講座一覧に戻る★

ご質問・ご意見はこちらからお気軽にお申込み下さい







★首都圏を含む全国でお探しの方はこちらからどうぞ★

新築マンション 中古マンション 一戸建て マンション査定 資料請求可
リクルートが運営する「住宅情報ナビ」。「住宅情報ナビ関東」をはじめ、全国エリアの新築・中古マンション、
一戸建て情報があり、無料で物件検索・資料請求ができます。
売却のための無料査定も可能。
詳しくは公式サイトで。

ここ↓から物件の検索ができます。

 


Back to Home

 マンション簡易評価承り中!!お試しください

無料
個別マンションの評価が人気です!!  お申込み
評価項目:@立地条件(最寄駅までの距離・都心へのアクセス・生活利便性) 
A全体計画
(配棟計画・駐車場・空間利用計画・共用施設・外観デザイン・セキュリティ) 
B建物の基本構造
(耐震性・耐久性・遮音性能・将来の更新性)
C管理内容(管理体制・管理費・修繕積立金・管理会社)
D専有部分の計画(間取り・設備・仕様) E売主 F施工会社

・・・・これらの項目を5段階評価した後に、総合的にコメントをつけ,
「不動産簡易評価書」の形で、電子メールでお届けします。

サンプルはこちら

対象エリアは全国。あくまで売主が公開している範囲の情報をもとに机上査定するもので、
環境調査は含みません。

また、不動産鑑定ではありません。あくまで、購入者が見逃しやすいチェックポイントを
おさえることで、後悔につながらないお買い物のお手伝いをするのが目的です。  




Back to Home