三井健太のWEBマンション講座

マンションの税金 
          

     ※税制は毎年のように変わります。最新データをご確認下さい。



 ●マンションを買う時にかかる税

 @印紙税

 売買契約書に貼付する印紙、住宅ローンを利用する人は金融機関との融資契約書

(金銭消費貸借契約書)に貼付する印紙などで印紙税を納めることになります。

 金額は、価格や借入額によって変わります。また、景気浮揚策としての軽減特例が

 実施されている場がありますので、モデルルームなどで確認しましょう。

   マンション価格5000万円以下の売買契約書:20,000円(軽減後15,000

    5000万円超1億円以下:60,000円(軽減後45,000円)

 5000万円以下の金銭消費貸借契約書:20,000

 5000万円超1億円以下:60,000

 A登録免許税

 不動産登記をする場合にかかる税金です。所有権移転登記や融資を受ける人は

 抵当権設定登記を行います。その際に収めるもので、移転登記等はマンションの場所や

 広さなどで税金計算上の価額が変わりますから、税額も変わってきます。

 また、軽減措置もあります。モデルルームなどで確認しましょう。

 抵当権設定登記の方は、借入額の1,000分の4(軽減税率は1,000分の1)となっています。

 借入額が
3000万円なら3万円ですね。

 これらの税金は、ほかの諸費用(司法書士報酬や管理費・愁然積立金など)とともに、

 まとめて概算金を不動産会社に預け、引き渡し後に精算するのが普通です。

 B不動産取得税

 不動産を取得すると課税されるもので、購入後数か月で納付書が都道府県から届きます。

 税額は不動産の価額(税金算定上の価額で売買価格とは異なり固定資産課税台帳に

 登録されている額)に対して
3を乗じたものですが、現在は2分1に軽減

 されています。

 ●マンションを保有しているとかかる税金

 不動産を所有していると毎年かかる税金があります。市町村税の固定資産税と都市計画税

 です。

 固定資産税は、毎年11日時点の土地・建物などの所有者(固定資産税課税台帳に

 登録されている人)に対し課税します。納税は送られてくる納税通知書を使って納税します。

 一括払い又は年
4回の分納のいずれかを選べます。

 固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額に対し1.4を乗じた金額が税額

 ですが、住宅用地と新築住宅の建物に対しては軽減の特例が設けられています。

 マンションの場合は5年間2分の1になります。

 都市計画税は、税率は最高限度0.3以内の範囲(市町村が決定)で課税されます。

 また、都市計画税は固定資産税とセットで納付書が届きます。


★講座一覧に戻る★  

ご質問・ご意見はこちらからお気軽にお申込み下さい






新築マンション 中古マンション 一戸建て マンション査定 資料請求可
リクルートが運営する「住宅情報ナビ」。「住宅情報ナビ関東」をはじめ、全国エリアの新築・中古マンション、
一戸建て情報があり、無料で物件検索・資料請求ができます。
売却のための無料査定も可能。
詳しくは公式サイトで。

ここ↓から物件の検索ができます。

 


Back to Home

 マンション簡易評価承り中!!お試しください

無料
個別マンションの評価が人気です!!  お申込み
評価項目:@立地条件(最寄駅までの距離・都心へのアクセス・生活利便性) 
A全体計画
(配棟計画・駐車場・空間利用計画・共用施設・外観デザイン・セキュリティ) 
B建物の基本構造
(耐震性・耐久性・遮音性能・将来の更新性)
C管理内容(管理体制・管理費・修繕積立金・管理会社)
D専有部分の計画(間取り・設備・仕様) E売主 F施工会社

・・・・これらの項目を5段階評価した後に、総合的にコメントをつけ,
「不動産簡易評価書」の形で、電子メールでお届けします。

サンプルはこちら

対象エリアは全国。あくまで売主が公開している範囲の情報をもとに机上査定するもので、
環境調査は含みません。

また、不動産鑑定ではありません。あくまで、購入者が見逃しやすい
チェックポイントをおさえることで、後悔につながらないお買い物のお手伝いをするのが
目的です。  



Back to Home