三井健太のWEBマンション講座

 現地見学ここが肝心
 

マンションを購入する際に気を付けたいことは多々ありますが、現地確認のポイントを

ご紹介したいと思います。重要なことは、周辺を少し時間かけて歩き回ることです。

日を改めて見ることが必要なこともあります。

@最寄駅からのルートを確認する

広告表示は、1分80メートルの換算で行なうことが業界の基準です。

この部分での誇大広告は新築マンションにはまず見られませんが、

最短ルートで表示するために、実際のルートとは異なることがあります

歩行の安全のため、歩道とガードレールの有無、夜間の街灯も確認しましょう。

お子さんが小学校に通う場合は、通学路を実際に歩いてみましょう。

A生活利便施設の位置を確認する

買い物施設・レストラン等の存在、銀行や郵便局、役場など公共施設の位置、

学校や保育園・幼稚園の位置などです。

マンション立地は、大体何でも揃っていると思いがちですが、

自分にとっては不便という場合もあります。

B嫌悪施設の有無を確認する

パチンコ店や風俗店、暴力団事務所、騒音や臭いの出る工場、鉄塔、

斎場、火葬場などのほか、郊外には豚舎・鶏舎などが近くにあることも

C公園の位置を確認する

マンションの敷地内にあれば間に合う場合もあるでしょうが、

近隣の公園も確認しておくといいでしょう。公園内のトイレもチェックしておくといいですね。

D敷地内の高低差・最寄り駅からの高低差にも気を付ける

現地が窪地のような所は好ましくありません。ゲリラ豪雨に襲われた場合に

水害の危険があるからですし、風通しが悪い場合も多いからです。

逆に、高台は良い点も多いですが、年を取ったら歩くのが不便ということがあります。

E前面道路の交通量・騒音の程度を確認する

マンション周辺、特に敷地に面した通りがバスやトラックなど大型車両が頻繁に

行きかう場合は避けるべきでしょう。また、見学に行った土日は静かでも、

平日は騒音がひどくなることが多いものです。

住宅街の閑静な場所では、音がよく聞こえるので、さほど交通量がなくても、

夜間の騒音に悩まされることがあります。ラッシュ時の抜け道になっている場合もあるからです。

時間帯を変えて観察することが大事ですね。

F前面建物の影響を確認する

    バルコニー前面の建物の高さと、マンションとの離隔距離に気をつけましょう。

    現状の建物が建て替えられても、十分な距離を保てるかどうか、眺望や日照を

  遮らないかどうかです。その懸念が少しでもあったら、販売担当者に説明を求めましょう。

   不安がある場合は、業者側もシミュレーションを予めしてあるはずですから、 想定図面を見せて

  くれるでしょう

★講座一覧に戻る★  



ご質問・ご意見はこちらからお気軽にお申込み下さい


Home

新築マンション 中古マンション 一戸建て マンション査定 資料請求可
リクルートが運営する「住宅情報ナビ」。「住宅情報ナビ関東」をはじめ、全国エリアの新築・中古マンション、
一戸建て情報があり、無料で物件検索・資料請求ができます。
売却のための無料査定も可能。
詳しくは公式サイトで。

ここ↓から物件の検索ができます。
 


マンション簡易評価承り中!!お試しください

無料
個別マンションの評価が人気です!!  お申込み
評価項目:@立地条件(最寄駅までの距離・都心へのアクセス・生活利便性) 
A全体計画
(配棟計画・駐車場・空間利用計画・共用施設・外観デザイン・セキュリティ) 
B建物の基本構造
(耐震性・耐久性・遮音性能・将来の更新性)
C管理内容(管理体制・管理費・修繕積立金・管理会社)
D専有部分の計画(間取り・設備・仕様) E売主 F施工会社

・・・・これらの項目を5段階評価した後に、総合的にコメントをつけ,
「不動産簡易評価書」の形で、電子メールでお届けします。

サンプルはこちら

対象エリアは全国。あくまで売主が公開している範囲の情報をもとに机上査定するもので、
環境調査は含みません。

また、不動産鑑定ではありません。あくまで、購入者が見逃しやすい
チェックポイントをおさえることで、後悔につながらないお買い物のお手伝いをするのが
目的です。  

Home