三井健太のWEBマンション講座

 マンションの青田売りとモデルルーム


マンション販売は、完成しないうちに販売を始める、「青田売り」が一般的です。

その場合、購入者は、実物を見ないで決めることになりますが、そのことが完成後の「こんなはず

ではなかった」という失望を生む原因になることがあります。

注意すべき点は、どこでしょう。気持ちよく入居の日を迎えるためのポイントをお話ししましょう。

事業者としては、早く販売のメドを立ててしまいたいので、青田売りするのです。

完成してから売るのは、モデルルームの建設予算が捻出しにくい小型マンションの場合くらいです。

マンションは工事中に、モデルルームだけで契約してもらうというのが慣習になりました。

大きなトラブルもなかったことから、業界全体が「青田売り」を常態化させて来たのです。


しかし、モデルルームと、購入した部屋があまりにも違うという印象が購入者をしばしば

失望させます。購入する部屋とモデルルームが、たまたま同じタイプになっていたら

まだましですが、そうでないことが多いので、想像と違ったという失望感は、

どうしても生まれがちのようです。


例えば、部屋の真ん中に飛び出した梁。その圧迫感は、尋常ではありません

。「こんな部屋と思わなかった」と、ショックを隠せない購入者もいます。

また、「個室がこんなに狭いとは思わなかった。本当に〇畳ありますか」などの感想も漏れます。


モデルルームというのは、最近では原型(標準仕様)が分からないような造りとなっている

ケースも多いようです。間仕切りを変更し、仕上げ材をグレードの高いものに変え、

設備もオプションを加えて豪華に見せています。更には、家具やインテリアによる演出もあり、

感動的な姿で登場します。

商品のデコレーションは商売の常道です。とはいえ、モデルルームには、

見学者を錯覚させる魔法のような力が備わっているかのようです。

化粧を取ったらまるで別人だったというくらいに、厚化粧した役者のようなもの、

または、昔の正装してお澄ましした見合い写真のようなもの。それがモデルルーム

だと思った方がいいかもしれません。


モデルルームには、「このシールはオプション品です」、「家具は販売価格には含まれません」

などと、注意を促すプレートがどこかに掲示されています。

しかし、買い手は素人。不慣れです。言葉だけで本当(標準仕様)はこちらと言われても、

グレードアップした方だけを見せられたら、それが記憶されてしまいます。

厚化粧をしていない素(す)の部屋を見た瞬間、きっと詐欺だと怒りたくなるはずです。

しかし、「想像していたものと違う」などとクレームをつけても、売り手は涼しい顔です。

天井から垂れ下がった大梁の問題にしても、図面の上にきちんと表示してあるからです。

重要事項説明書にも、「図面をよく確認してからお申込み下さい」と記載してあります。

よく確認しなかった買い手が悪いということになってしまうのです。

図面とモデルルームを睨みながら、自分の部屋はどうなるだろう。ここからオプション品や

家具をはぎ取ったらどうなるだろう。これを想像することに慣れるしか、

完成後の失望感をなくす道はないわけです。



そこで、おススメなのが、家具も何も置いていない部屋の見学。

当然、別のマンションになりますが、完成済みの販売物件を探して見に行くのです。

 
★講座一覧に戻る★  


ご質問・ご意見はこちらからお気軽にお申込み下さい

新築マンション 中古マンション 一戸建て マンション査定 資料請求可
リクルートが運営する「住宅情報ナビ」。「住宅情報ナビ関東」をはじめ、全国エリアの新築・中古マンション、
一戸建て情報があり、無料で物件検索・資料請求ができます。
売却のための無料査定も可能。
詳しくは公式サイトで。

ここ↓から物件の検索ができます。

 


Home

マンション簡易評価承り中!!お試しください

無料
個別マンションの評価が人気です!!  お申込み
評価項目:@立地条件(最寄駅までの距離・都心へのアクセス・生活利便性) 
A全体計画
(配棟計画・駐車場・空間利用計画・共用施設・外観デザイン・セキュリティ) 
B建物の基本構造
(耐震性・耐久性・遮音性能・将来の更新性)
C管理内容(管理体制・管理費・修繕積立金・管理会社)
D専有部分の計画(間取り・設備・仕様) E売主 F施工会社

・・・・これらの項目を5段階評価した後に、総合的にコメントをつけ,
「不動産簡易評価書」の形で、電子メールでお届けします。

サンプルはこちら

対象エリアは全国。あくまで売主が公開している範囲の情報をもとに机上査定するもので、
環境調査は含みません。

また、不動産鑑定ではありません。あくまで、購入者が見逃しやすい
チェックポイントをおさえることで、後悔につながらないお買い物のお手伝いをするのが
目的です。   



Home