その文章では笑われる  「教養ある文章の書き方」

出版サービス協会 監修


 電子書籍お申込み方法
ご希望の方は、必ずページ下の物件検索で1件以上の
パンフレット請求をなさって下さい。そして、ご請求の「物件名」を必ずご記入の上、
 お申込み下さい。こちらからも進めます➔
GO!
匿名または、ハンドルネームで結構です。

物件名の記載がない場合は、お断りする場合があります。

また、パンフレット請求があった旨の確認メールが、
24時間以内に先方から来ない場合も同様です。
  ここからお申込みフォームにジャンプします。GO!
 

言葉・文章が人を動かす

言葉の持つパワーは凄いものがあります。一言で人を動かしてしまう力があるのですから。

言葉には、言うことを聞かない子供を一瞬で動かすような魔法があります。

 

人と人のコミュニケーションの手段は話すことと書くことです。

この内、話すことは何とかできても、

書くことは苦手だという人は多い。これが現実です。

しかし、ビジネスマンに書くことは欠かせないのです。企画書、報告書、稟議書、

依頼文、連絡文、礼状、

これらのどれかを毎日のように紙の上か電子メールとして書いています。

書く中味を考える時間まで含めると、文章を書くことに充てる時間は結構長いのです。

苦手などと言ってはおれません。

 

携帯電子メールで友人や恋人同士が連絡を取り合う姿は、ほほえましくもあります。

毎日何十通もやりとりしているようです。世界中見渡しても、電子メールの交換を

これほど盛んにやっている国民はないといいます。

ともあれ、電子メールは、ほとんどが短い言葉のやりとりです。

若い人同士では、絵文字や顔文字、

自分たちだけが解ける暗号のようなプライベート言語まであります。

 

「電子メールは現代版短歌みたい」と言った人がいたが、同感です。

平安時代に作られた「源氏物語」の中に出て来る短歌のやりとり、

これは当世風のメール交換と

同じなのでしょう。昔から、日本人は文章で心を通い合わせて来たのです。

従って、日本人は文章にことのほか愛情やこだわりがあると言えますし、

文章によって心を動かしたり動かされたりする国民であるとも言えそうです。

 

文章の目的は、他人を動かすことにあります。何か頼みごとをする場合、

例えば結婚式の招待状。

これは「祝いに来てくれ」ですし、年賀状も「私を覚えておいてくれ」

という意図があると考えられます。

また、企画書のような図表入りの文章でも会社の上司や取引先に

企画を買ってもらいたいという目的があります。

 

文章の目的は、究極のところ「人を動かす」ことにあります。

人を動かす文章は、「分かりやすさ」が一番重要です。

 

文章の目標は、誰もが、正しく読め、素早く、簡単に理解できることです。

特に、仕事で使う文章やビジネス文書の場合は、それさえ満たせば十分に

合格なのです。

つまり「名文」ではなく、分かりやすくて明快な「明文」をめざせばよいと言えます。

 

本書では、明文であるための基本を具体的に、かつ分かりやすく解説しています。



 INDEX

序章 文章作成の基本

1章 分かりやすい文章を書くコツ

2章 上手な推敲で「キレイな文章」を書くコツ

3章 言葉の誤用で「恥をかかない文章」を書くコツ

4章 重複言葉で無神経さを露呈しない文章を書くコツ

5章 思わず引き込まれる文章を書くコツ

6章 感動させる文章を書くコツ

7章 強い印象を残す文章を書くコツ

8章 効果的なセールスレターを書くコツ

9章 文章と説得のメカニズム

10章 人を動かすメールの仕掛け

11章 ボキャブラリーを増やして豊かな表現力を!!

終章 言葉遣い総点検「その日本語では恥ずかしい」


 ここからお申込みフォームにジャンプします。GO!


Back to Home

 

 

★全国で住宅をお探しの方はこちらからの検索が便利です★

Back to Home